• 人々が安心して働ける環境づくり 理研計器の永久のテーマです

  • scene01.

    エレクトロニクス産業

    半導体/液晶パネル工場ではシラン、アルシン、ホスフィン等いわゆる特殊材料ガス(強い毒性と可燃性を持つガス)が使用されています。これらのガスは微量濃度(数ppm〜数十ppm)のガス漏洩も許されません。
    半導体/液晶パネル工場にはppmオーダーのガス漏洩を検知できる定電位電解式センサを搭載した当社のガス検知器が数百〜数千個設置されており、ガス漏洩から作業者を守ります。

  • scene02.

    石油精製/石油化学産業

    石油精製・石油化学産業では、製造工程において多種多様の可燃性ガス・毒性ガスが使用されています。設備や配管からの可燃性ガス・毒性ガスの漏洩検知やプロセス管理・作業環境測定などの用途で当社の定置式ガス検知器やポータブルガス検知器が使用されています。
    また、近年は工場境界線の毒性ガス管理用として、定置式毒性ガス環境モニターも多く使用されています。

  • scene03.

    建設業界

    地下トンネル建造などの地下掘削作業やマンホール内での作業は、地層に含まれているバクテリアにより酸素が消費され酸欠状態となったり、硫化水素が発生したりします。酸素欠乏症や硫化水素中毒事故の危険から作業者を守るため、当社のポータブル式の酸素検知器や硫化水素検知器が使用されています。

  • scene04.

    鉄鋼業界

    製鉄の各工程で発生する副生ガス(コークスガス、高炉ガス、転炉ガス)は水素や一酸化炭素を大量に含んでおり、製鉄所ではこれらのガスを発電用の燃料として使用し再利用しています。
    当社のポータブルガス検知器は製鉄所内での爆発事故や中毒事故の危険から作業者を守ります。

  • scene05.

    海運/造船

    原油、LNG、LPGを大量輸送する船舶は、貨物タンクからの可燃性ガス漏洩の危険性があります。当社の定置式ガス検知器はガス漏洩を監視及び早期検知し、漏洩による爆発や海上汚染を防止します。
    また、建造作業中は当社のポータブルガス検知器を携帯することで危険な酸欠事故・毒性ガス中毒事故から作業者を守ります。

  • scene06.

    消防/レスキュー

    火災現場や災害現場では可燃性ガスによる爆発の危険や、酸素欠乏、不完全燃焼による一酸化炭素中毒、さらには硫化水素などの毒性ガスの危険等、様々な危険に隣り合わせです。
    どんな危険なガスが発生しているかわからない現場に対応するため、4種類のガスが同時に測定できる当社のマルチガスモニターが使用されています。

  • scene07.

    研究所/大学

    可燃性ガスから毒性ガスまで様々なガスを使用する研究施設では、研究者の安全を守るため、当社の定置式ガス検知器によりガス漏洩を監視し、万一の際に早期検知をめざすといった対策が採られています。
    また、その場でX線回折(XRD)、蛍光X線(XRF)の2つの分析が可能な分析装置など、ガス検知器以外の製品も、持ち出すことのできない文化財等の研究・調査の場面で活躍しています。

  • scene08.

    火山・温泉

    火口や噴出口付近や温泉が湧き出す地域では火山性ガスが発生します。この火山性ガス中には吸引すると人体に影響を与える毒性の二酸化硫黄や硫化水素が含まれています。これらの濃度は火山活動等により絶えず変化をしています。
    当社の定置型の二酸化硫黄計や硫化水素計は、ガス濃度を常時監視し、作業者や観光客を中毒事故から守ります。

  • scene09.

    航空/宇宙

    ロケット燃料には爆発性の高い可燃性ガスの水素や人体に影響を及ぼす毒性ガスのヒドラジンが使用されており、安全のためには監視が必要です。
    ロケット燃料を扱う現場のように爆発の危険が高い場所の安全確保には、防爆型のガス検知器が使用されています。

  • scene10.

    食品業界

    食品業界では食品の酸化を防ぐ為、パッケージに窒素や二酸化炭素を使用しています。これらのガスは窒息性ガスですので、酸素欠乏症から作業者を守るため食品工場に当社の酸素検知器が設置されています。
    また、ビールや炭酸飲料に充填する炭酸ガス(二酸化炭素)の濃度を監視するガス濃度計でビールや炭酸水の品質を管理しています。

理研計器株式会社理研計器株式会社