理研計器株式会社

キャリア採用/障がい者採用Entry
新卒Entry

アタマの中で組み立てたものが、カタチになる喜び。

技術部 設計課
S.I.

大学で学んだ機械工学の知識を活かせる仕事。

私が入社したのは2013年。就職活動を始めた当時も、「新就職氷河期のスタート」とメディアで取り上げられるようになってからの影響を引きずっていました。就職活動の軸として設定したのは“学んだ機械工学の知識を活かせる仕事”でした。ただ、当時の就活生が置かれていた状況下では、その軸だけで企業選びをするには、どことなく頼りなく、不安を感じていました。そんな中、合同企業説明会で理研計器を知りました。「理研計器・・ガス検知警報器・・」これまでの学生生活の中では、一度も聞いたことがありませんでした。でも、開発された製品は、産業の発展に役立っているらしい。業界トップクラスのパイオニアでもある。B to B業界について興味を持ったきっかけでもありました。
その後の個別セミナーで、完成品メーカーであることや、製品開発がプロジェクト単位で動いていること、そして職種別採用を行っていること、など改めて説明を聞いて理想に近い企業かもしれないと感じました。何より心を動かされたのは財務基盤の強さでした。企業プレゼンを聞いて、これまで何となく、不安として感じていたことが解消されたような気がしました。その後の採用選考は、もちろん全力で挑みましたね。
機械工学に興味を持ったのは、父親の影響でした。幼い頃、一緒にお風呂に入ると、浴槽のふちに水滴を落として、「水がこんなふうに膨らむのは、表面張力って言うんだよ」なんて会話をしたことから。それから新しい発見をする度に「なぜなんだろう?」と色々なことに疑問を持つようになり、理系の思考が芽生えたのかもしれません。一つひとつの現象を見逃さずに、こだわりを持って理由を突き詰めていく。これは、今の仕事にもとても役立っているように思います。

要求に応えたカタチになったときが至福の瞬間。

製品開発では、新製品の開発の他に、現行製品の改良も行います。営業などを通して「ここを改善して欲しい」「この性能を上げて欲しい」といったユーザーの意見が上がってきます。その声を製品に反映し、新しいものをつくっていきます。製品に対する要求も次つぎと高度化しますし、使い勝手や見た目のデザインも、もちろん大事です。金型の製作は外注先にお願いしますが、試作の段階で金型をつくるとなると、かなりのコストがかかるので、まずは試作を3Dプリンターでつくります。スペック上は問題なくても、使用感は実際にカタチにして触ってみないとわかりません。金型をつくるまでの試作や評価をどれだけ綿密に行うかた、良い製品になるか否かだと思っています。やはり、自分で設計したものが、実際のカタチになったときは、言葉では言い表せられない、やりがいや楽しさを感じます。試作後、業者の方につくってもらった金型を手に、組み合わせなどを確認しているときが一番、技術者冥利に尽きる瞬間ですね。

一緒により良い製品開発を目指す風通しの良さ。

製品開発は、プロジェクトチーム単位で行います。マネージャーがいて、センサ担当、設計担当、電気担当、ソフト担当、生産技術担当がそれぞれ一人ずついます。週1回くらいのペースで進捗確認を含めた打ち合わせをしますが、気付いたことや問題点など、そのタイミングを活用して情報の共有をしていないと、後々大変なことに。メンバーはいろいろな意見を言いますが、気を遣わずに自由に発言ができる環境になるよう、マネージャーが進行役となりまとめてくれます。プロジェクトチーム以外にも、わからないことやアイデアに詰まったときは、未だに先輩方を頼ってしまいますが、「そんなことまでやってくれるの?」と驚くくらい面倒を見てくれる優しい人ばかりです。仕事以外のコミュニケーションの場としては、高校時代に野球をやっていたこともあって、会社の野球チームに所属しています。その他にも、飲み会や餅つき大会などのイベントがたくさんあります。部署の垣根を越えてコミュニケーションを図れる機会が多いので、ふだん仕事であまり関わらない方とも交流を持ちやすいと感じています。

私のピンチ!エピソード。

私のピンチということではありませんが、開発者として感じることは、「どんなに小さなことでも放置しない」。ということですね。製品開発では、早い段階で修正をかける、疑問を解決することが一番大事。もちろん経験年数によって知識量や経験の差はありますが、「開発者」であることは皆同じ。たとえ新人の方でも「これ、ちょっとおかしいのでは?」と感じることがあれば、その気づきを放置せずに質問して欲しいと思います。同じ仕様のものでも、設計者によって全然違うものが出てきますし、疑問の解決が成長につながります。完成する製品の品質がその答えになっていると思っています。

Member List