トップページ   >   サステナビリティ   >   人材

健康経営の推進

理研計器グループは、社員が心身共に明るく元気に働くことができる職場づくりを行い、継続的に健康経営を推進するため「健康経営宣言」を制定致しました。

健康経営宣言

理研計器グループは、「人々が安心して働ける環境づくり」で社会に貢献するリーディングカンパニーであり続けるために、会社・労働組合・健康保険組合そして従業員とその家族が一体となって健康の保持・増進活動を推進していくことを宣言致します。
理研計器株式会社
代表取締役社長 小谷野 純一

健康経営体制

「健康経営優良法人2021」を取得

当社は、「健康経営優良法人2021」の認定を取得しました。
今後も認定継続を目指し 、 社員の健康保持・増進に取り組んでまいります。

当社の取組内容

「健康経営宣言」を掲げていますが、具体的な取組として下記項目(一部)を実施しています。

  • 希望者への人間ドック実施及び健診費用の一部負担
  • 希望者への婦人生活習慣病健診実施及び健診費用の一部負担
  • 50人未満の事業所におけるストレスチェックの実施
  • 従業員感染症予防に向けた取組
  • 適切な働き方実現に向けた取組
  • 長時間労働者への対応に関する取り組み

健康優良企業「銀の認定」を取得

当社は、健康保険組合連合会東京連合会へ健康企業宣言を行い、社内の健康づくりの取り組みに対し健康優良企業に認定され「銀の認定」を取得しました。
今後も社員の健康保持・増進に取り組んでまいります。

宣言の内容

  1. 健診の受診率 100%
  2. 健診結果の活用
  3. 職場の健康づくり環境の整備
  4. 「食」への取り組み
  5. 「運動」への取り組み
  6. 「禁煙」への取り組み
  7. 「心の健康」への取り組み

健康優良企業認定制度は、健康優良企業を目指して、企業全体で健康づくりに取組むことを宣言し、一定の成果を上げた場合に「健康優良企業」として認定される制度です。

安全衛生方針

安全衛生理念
当社は、経営理念である【人々が安心して働ける環境づくり】という永久のテーマの下、安全衛生活動が企業経営の基盤であることを認識し、社内の労働安全衛生管理を徹底するとともに、地域社会において人々の安全や健康に及ぼす影響を限りなくゼロとするよう努め、自負できる職場を目指す。
行動指針
  1. 安全衛生関係法令および社内基準を遵守し、より一層の安全衛生管理に努める。
  2. 職場の危険有害要因の明確化と対策の優先度を定めるリスクアセスメントを実施し、“災害ゼロ”から“危険ゼロ”の安全で快適な職場環境づくりを推進する。
  3. 過重労働およびメンタルヘルスによる健康障害を防止するため、衛生管理体制の充実をはかり、従業員の健康確保対策を推進する。
  4. 全従業員とのコミュニケーションをはかり、全員参加の安全衛生活動を実行していく。
  5. 従業員教育および社内広報活動を通じて、安全衛生意識の高揚に努める。
  6. 安全衛生活動の実行に当たっては、適切な経営資源を投入し、効果的な改善を継続的に実施する。